就職や転職時の書類|人を幸せにするお仕事のお手伝い|ブライダルでバイトしよう

人を幸せにするお仕事のお手伝い|ブライダルでバイトしよう

婦人

就職や転職時の書類

男性

1つの判断基準

就職や転職の時に、提出する書類には履歴書がありますが、企業によっては履歴書だけでなくて、職務経歴書を提出しなければいけない事もあります。職務経歴書は、あなたの今までの職歴について簡単に記載していく書類であり、今までのあなたの経歴を一目で把握できるメリットが企業側にあります。この経歴を見て、今までどのような仕事をしていたのかを見て行き、採用の合否を決めるための判断材料になってきます。そこで、職務経歴書を記載する時には、今までの仕事を整理しながらうまく採用担当者に伝わるように要点をまとめながら記載していきます。大事な判断材料になってきますから、分かりにくいような文章ですと採用担当者にうまくアピールできないですからその点は注意します。

正確な文章で記載

就職や転職の際に、職務経歴書を提出しなければいけない時には、履歴書だけでなくて、職務経歴書もきちんと準備しておく必要があります。そこで、記載する時には、正確な文章で綺麗に記載していく必要があり、この点をおろそかにしておくといくら今までの仕事の経験が優秀でもマイナス評価になります。職務経歴書では、今までのあなたの経歴を把握する事の他にも、文章力であったり、字の綺麗さを見て行く採用担当者も存在します。もし、正確な文章で記載されていない場合は、文章力が乏しいと評価されてしまい、不採用になってしまう可能性が高くなってきます。職歴を簡単に記載していけばいいという軽い考えではなくて、社会人として恥じない文章で記述できるように意識しましょう。まずは下書きを行なうのも有効です。